08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

耳を傾けるということ

2008/01/18






子育てしてると、イヤイヤとか自分での子どもにグッタリすること多いです。
でも、母親以外の人がしている行動を見ると、
案外ヒントがあるものですね。


【パパ】

昨夜、パパから

 「土曜日に自転車に乗って駅に行って、新幹線に乗って博多に行こう!」

と、ミラクルスーパーボンショウガツみたいな企画を吹き込まれていたので
今朝は玄関で登園バッグを持った瞬間

 「パパと自転車乗って新幹線行くぅぅ~」

と、ごもっともなグズグズを展開しました。


最近「月火水木金土日!」とか「日曜日に行こう!」とか言うけど
その実、土曜日は明日っていうことはわからないのでした。
(いや、わかってて敢えて今日行きたがったのかも・・・策士カズ)


さて、そんなイヤイヤにうろたえたママですが、
パパは意外とあっさり、

 「カズ、行くぞ!」  (「どこへ」行くのかは言わない思わせぶりな誘い文句)

の一言で外に連れ出し、パパの自転車に乗って、保育園へ行きました。
ブラボー!


こういうとき、私は、どうしたら保育園に行けるか考えて、
このままじゃ行けない・・・(涙)ってなるんです。
でもパパはカズの主張を聞いて、
どうしたら次のステップに進めるかを考えているようです。
つまり、今日の場合はまず外に出ること
出たら出たで次の一手。

うーん、敵に回したくないタイプ・・・。





【保育園センセ】

保育園にお迎えに行っても、カズがなかなか帰らないんです。
園庭の遊具で遊んで、通りかかる先生にあれこれ話しかけます。
先生も忙しいのに、いちいち立ち止まって、丁寧にウンウンと聞いてくださいます。
(しかもカズの話は『長い』・・・。)
余裕がないときって、ついつい
「後でね」とか「終わったら行くよ!」っていうことが多いんです。
でも、その場で一瞬手を止めて聞いてもいいかな・・・って思いました。

一瞬ガス止めたり
一瞬風呂掃除やめたり
一瞬食器洗いやめたり



・・・・・・で、できるかな(汗)
でもやってみよう!





【くもんのお友達】

そして子どもからも学ぶべきことが。
昨日のくもんで。

保育園から直行がイヤだったらしく、行きたくないと泣くので、
休むんだったら理由を先生に直接説明してね!と(ごまかして)車から降りました。

 「暗くなったら、お家に帰ってごはん食べて歯みがきして寝ないといけないんで、
  くもん先生はおやすみします。」


先生「じゃ、早く終わって暗くなる前に帰ろう!」


それでも嫌がって入り口で泣いているカズに
近くにいた小学生の女の子が

「これあげる!弟にあげても遊ばんし。」と差し出したのが・・・


緑のショベルカー!


持ってない乗り物に釘付けのカズ。
当然、涙は止まり靴も脱いで、教室にあがっていきました。

子どもの心は子どもの方がよくわかるんかなぁ~
泣いてるときは、おもちゃを与えよ(笑)
うーん、奥深いなぁ~。


ちなみに、ショベルカーにはキャタピラ部分のゴムがついていませんでした。
うちに帰ると、カズが
「ママ、これとこれ同じ?」と、リフマグ(黄色のトミカ)を持ってきました。
そう、先の部分が違うだけで、同じ型です。
「よく気づいたねぇ~!!」と激ホメしてから、ゴムを取り替えてやりました。

今日は一日ショベルカーデーとなりました。

パワーショベル




スポンサーサイト
10:03 カズ:保育園 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。