08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ホネに会いに!

2008/07/21
一時 激しく



今日はカズもママも楽しみにしていた所へお出かけ!

・・・と張り切っていたところ、朝食時にカズが
「耳が痛い」と。


え゛っ!!!
そりゃ、ずっと咳も出てたし風邪が完治してないから

中耳炎では??

急遽、当番医の耳鼻科へ行くことになりました。
結果、中耳炎ではなく、外耳炎では?ということ。
どちらにしても、軽い状態で特に問題ないということでした。

耳鼻科へ行く前、行った後、すったもんだがありまして、
ママは、お出かけする気力がなくなってしまいました。
そこで、おばあちゃんの家にカズを預けて、帰宅。

だけど、せっかくのお休みだし、
カズが「行きたい」という自分の気持ちをきちんとママに伝えることが
一番大事だと考えていたので、
電話をして、カズの気持ちを聞きました。

「もう、行かん!!」

スネてました。
ますますこのままではいけないと思い、何とか仲直りをしました。
そして、カズのリクエストにより、うどんで腹ごしらえをして、出発。

行き先はコチラ
   ↓

行ったのは『いのちのたび博物館』




昨日の会話より・・・

 ママ 「カズ、明日恐竜見に行こうね!」
 カズ 「うん!恐竜のホネ見に行こうね!」

うーん・・・わかってらっしゃる。
ここは恐竜の全身骨格(レプリカ)があるのです。


到着直前に眠ってしまったカズですが、何とか抱きかかえて入場。
何が何でも来たかったのは、実は恐竜ファンのママなのでは・・・(笑)
セイスモサウルス ・・・圧巻!!



こうなっていると、レプリカでもいいのです!
食べられるぅぅ~ ガブリ!大きいねぇ~。

恐竜ファンのママはついつい撮影に力が入ってしまいました(汗)
サウロロフス サウロロフス

トリケラトプス トリケラトプス


しばらくおばあちゃんにカズ守をお願いしていたのですが、
走り回るカズ(結構速い)を追い回すのに疲れてベンチで休憩。



疲れさせたのはボク、カズサウルスですぅ~!
カズサウルス


小さな恐竜には、ちょっと高目の声色を使ってご挨拶します。
プロトケラトプス
「小さい恐竜さん、こんにちは!」


恐竜だけでなく、マンモスとか
マンモス

ホッキョクグマとかいます。
ホッキョクグマ 全く見向きもしないヒト


自然史博物館と歴史博物館が合わさったところなので、いろいろあります。


そしてカズが一番興奮したのはこちらのコーナー。
カズ島太郎
助けたカメに連れられて~?

カメとかワニとか大きなカニ、伊勢海老などが足元ガラス張りのところにおります。
中には怖くて泣いてる子とかもいましたが、カズはベッタリ。



その後も、クワガタを見たり、
クワガタ

貝の標本前でニッコリしたりしました。
楽しいね!

走ってはいけない館内をくまなく走り(涙)疲れてきました。
休憩? 休憩&大きさ比べ
鷲って大きいのねえ~。ガブリとくわえて連れ去られそうな感じです。

地味に「人面」カメムシもいたりしながら・・・。
ジンメンカメムシ


カズはこういうところに来ると、グングン1人で行ってしまうタイプです。
ママやおばあちゃんを振り返ることなく、躊躇なく進みます。
ママが見せたい場所や、撮影したい場所はお構いなしのため、
割と自由に行動させています。(危険などがない範囲で)
夏休みという事もあり、館内は小学生や未就学児連れでいっぱいでしたが、
カズを見失わない範囲でついて回ってみました。

時たま辺りを見てはママの姿を確認したりもしますが、
近くで見ていないとなると、自分の興味ある場所で立ち止まったり、
何度も好きな所へ行ったりします。
ママがいない間に


最終的にはジオラマのある「エンバイラマ館」へ行き、
10分毎にあるショーを2回半鑑賞。
ジオラマ
嵐が来て稲光のような演出があったり、
地響きと共に隕石が落ちてくる様子や火山の噴火音があったりと
暗い中で結構怖いのですが、興味深そうに見ていました。

最後は、ベンチで休憩していたおばあちゃんをもこのコーナーに連れてきて
3度目の鑑賞をしました。

カズの興味あるもの、こうした場所での過ごし方などをじっくり見ることができ、
ママにとっても意味深い一日でした。

この間、約2時間半。
よく歩いたなぁ~。


しかも、特別展のシーラカンス展には入らず・・・。
いのちのたび博物館


また行こうね。



【本日のおみやげ】
 ・恐竜フィギアセット
 ・恐竜の本
  
新版 きょうりゅう (21世紀幼稚園百科)新版 きょうりゅう (21世紀幼稚園百科)
(2003/06)
小畠 郁生藤井 康文



スポンサーサイト
23:04 カズ:お出かけ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。