09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

カズ家出する。

2008/12/17





昨日の懇談会から一夜明け・・・

 



特に変わらない日常(爆)

意識したからって、人間そんなに急に変化できません。
もちろん、カズの言い分も聞きながら、
カズができることを「自分でする」ように仕向けてはみました。
でもね、時間とのたたかいの中で、
そう気長に待ってはいられません。

努力はしますけどね。
バタバタと登園・出勤しました。



そしてお迎えTIME。
昨夜カズとお約束した
(そして今朝はすっかり忘れていた)
あるものを買いに雑貨屋さんへいきました。


号泣してまでして欲しがったモノはコチラ!



緑ブラシ


・・・・・・(汗)
靴を洗うためのブラシです。




確かに顔がニコニコでかわいいし、
カズの好きなグリーン系の色だし、
欲しがる要素満載だけどね・・・。
わんぱくシューズブラシ グリーンわんぱくシューズブラシ グリーン

商品詳細を見る



さらに、スーパーでお刺身も買ってにこにこ帰宅。
遅くなったのでソッコーごはんに。



・・・と、誘ってもカズがモニョモニョ言って、なかなか来ません。
ママが食べる真似をしていると、半泣きでやってきて
買ったばかりのブラシでテーブルを叩き、
ついにはそれをママの顔に向けて投げました。



もうねぇ~、何も言えません。
ブラシは約束どおり買いに行ったし、
マナちゃんにあげるクリスマスカードも選んだし、
大好きなお刺身も結構大きな盛り合わせを選んだし、
短い時間だけれど、できる範囲で少しでも楽しく過ごそうと
私なりに努力しているつもりです。

だけどね、結局少しでも自分の気に入らないことがあると、
(今日は、ごはんをチンするかどうかをママが決めてしまったこと)
こうして感情をストレートに出すんです。

昨日も保育園の先生には聞きましたよ。
そういう年齢だって。
だけどね、それじゃ何だか納得できなくてね。

叱る気力も出ずに、
「もう、向こう行って」って・・・。


そしたら、カズも
「もう、カズくんどっか遠くに行くけ!」と玄関に行って
自分で靴を履き、ドアを開けて振り向き
「カズくん、出ていく」と言って、
バタンとドアを閉めて出て行ってしまいました。



出ていくという言葉にびっくりしながらも、まあドアの外で立ってるだろうと
そーっと行ってみると・・・



・・・・・・・いませんでした。




ビックリして階段を下りると、かなり下まで一人で降りていました。
駆け寄って抱き上げると
押し殺したように泣き始めました。



ごめんね・・・って言いながらママも涙。



家に帰って、いろいろ話しました。

 ・ママはカズと一緒にいたいから、出ていかないでほしいこと
 
 ・でも、カズがママを叩いたりするのはとっても悲しいこと。

 ・ママを叩くってことは、ママどっか行っちゃえって意味だということ。


カズは、

 ・ママを叩くのがいけないのは分かっている
 
 ・叩いても、ママは遠くに行かないでほしいこと

 ・ブラシやお刺身を買ったのは嬉しかったこと

を、「泣きの強弱」で表現しました。
(ママが何とかカズの意思を読み取りました)




ムズカシイですね。
3歳児の今が、一番しんどいです。
正直、プチ虐待になってる可能性も大です。

そして何より、3歳児に家出された母親って何?って
どっと自己嫌悪に陥っております。


そんなわけで、今日はニコニコブラシを見ながら、
どんより気分になっていますので、寝ます。


スポンサーサイト
23:52 日記 | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
★・・・さん
いつも本当に温かいコメントありがとう。
とっても励まされました。
母として、人として
ぶれることなく進んでいきたいな。
難しいですよね
こんばんは、お久しぶりです。
毎日のお仕事そして家事・育児とかぱはしさんの頑張りってすごいですよ。
でも、育児って力を入れちゃうとすごく疲れちゃう気がします。


3歳児って自我がしっかり芽生える頃、そのこと自体はすごく必要なこと。でも親にとっては時間やスケジュールまた自分のしつけの方針などで許容範囲を軽くオーバーって事がたびたびv-406
かぱはしさんの葛藤も本当に手に取るようにわかります。


お母さんとカズ君はへその緒で繋がっていた関係です。お母さんの気持ちは誰よりも微妙に感じているのかも知れないな・・・とわが子の時のことを思い出しました。
我が家の第1子の時も親が必死になっていたのですが、2人目になると忙しさとめんどくささでかなりいい加減。


この時期を乗り越えるのは大変かと思いますが、みんなからのたっぷりの愛情を感じて育っているカズ君、お母さんは自信を持たれて大丈夫だと思いますよ。
親の言うことは聞かないけれど、親の後姿はしっかり見ています。
親も人間です。いろいろあっていいのではないでしょうか? 
決して頑張らないでください。大丈夫!!
★コアラさん
いつも心に響くコメントありがとうございます。
レス遅くなってごめんなさい。

ついつい力が入っちゃう子育て・・・。
それって省みるに、自分の仕事や家事がバタバタしているときなのかも。

自己主張するようになった3歳児と
日々全力で向き合うのって、すごいパワーがいりますよね。
ちょっと深呼吸して、リラックスして、
「のほほん」でいかなきゃ!ですよね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。