08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

くもん(31) 習い事の辞めどき

2007/05/14



4月に入ってくもん不調だったカズ。
約1ヶ月(8回ほど)は、もうそりゃー泣いて「イヤ!」だったのです。
行く前から号泣ってことも数回。
でも今は楽しく「くもん先生行くぅ~です。
しかもカズとゆっくり歩いても10分もかからない距離を
「車に乗って行くぅ~」ですよ。

・・・この変化、あのイヤイヤはいったい何だったんだろう?

子どもの習い事って、子どもの興味や特性を見ながら「親が」始めます。
だけど、辞め時って誰が決めるんだろう?
もっと大きくなって辞めたい理由をはっきり聞けて納得できたらそのときだと思うんですが、
まだまだ2,3歳ではそんなのムリ。
結局辞めるのも親が決めざるを得ないんですよね。

今回のくもんは辞めるつもりは全くありませんでした。
(そして休ませもせず泣きながらも行きました)
と言うのは以前にも書いたのですが、
「途中で辞める・諦める」という子が本当に増えているからです。
つまりは「我慢できない」んです。
誤解のないように・・・もちろん我慢する必要ない事もたっくさんありますが、
ある程度辛抱して努力を重ねてできることってのもありますよね。
そういう満足感とか達成感とか継続していける力をつけてやりたいのです。
まぁ、そんなこと言ったって2歳児ですからまだまだでしょうけどね。

始める・続ける・辞める。
始めたことには必ず終わりが来ます。
続けたくても泣いても叫んでも終わっちゃう事だってあるし・・・。
まぁ、ひとまず今回は結果的に、辞めなくて正解だったのです。
あくまで結果的に・・・。

さて、今日はくもん先生に「徒歩で」行きました。
歩いて行っているのは、お天気がいいから。
そして「車の通る道は手をつないで歩こうね」とか
「信号が赤だから止まろうね」とかそういうルールを確認するためでもあります。
わが家からくもんの教室までは本当に近いのですが、
車の通る道を1つ渡らなければなりません。
そんなに交通量は多くないけれど、信号が押しボタン式なので
待つ時間も適度でGOOD!
路地から出てきて止まってくれた車に「ありがとう!」も言って
「くもん先生が見えた!」・・・到着です。

「お友達がいないねぇ~」を繰り返し、
先生がカズくんが1番に着いたからまだいないねぇ~と言われ
「いちばんに着いたから!」と意味も分からず嬉しそう。
その後も靴を脱ぐまでにマシンガントークを繰り広げました。
「新幹線がビューって行ってぇ~、くもん先生のお家が
 おぉーっきいからぁ~、お友達がいないねぇ~」


このマシンガンは誰に似たんだろうかねぇ~おばあちゃん(笑)

朝からパンで遊ばないで下さい(--)
パンの女神?
・・・ってそれを撮ってるのもどうでしょうか(根っからのブロガー)

スポンサーサイト
22:52 カズ:習い事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。